So-net無料ブログ作成
検索選択

汐の声 [本]

今年最後の記事は、
山岸凉子先生の短編ホラー漫画をご紹介。

「汐の声」1982年の作品です。
「なぜこの影動かないの…水音がこんなにしているのに」
取材クルーから霊能者まで皆インチキ話だと思っているのに、
幽霊屋敷を取材するTV番組に参加した霊能力少女が視たモノは…。
ラストは見るのも恐ろしい幽霊が登場します。
読んだら最後、忘れられないほど、話も絵も怖ろしく、
ラストまでぐいぐい引っ張られます。
怖いです。本棚においていたら呪われそうです。
才能のある人は何を書いても一流である証拠。
未読の方は、是非お読み下さい。

今年一年ありがとうございました。
来年も「ボスボロットのジャンクな日常」をよろしくお願いいたします。
見捨てないでね〜。





タグ:山岸凉子

悪魔のサンタクロース 惨殺の斧 [映画]

皆様メリークリスマス!
連休なのにひとりぼっち。
クリスマスなのにひとりぼっち。
そんなあなたにピッタリの映画をご紹介いたします。
公開当時、全米では上映禁止運動が各地で行われた問題作!!
良い子にはプレゼントを、悪い子には死を!!
禁断のB級ホラー映画です。




<ストーリー>

幼少の頃、クリスマス・イヴの日に
両親をサンタクロースの扮装をした強盗に殺されたビリーは、
弟と共に児童福祉施設へ入所する。

そこで、ビリーは厳格な院長から
「悪い事をした人に罰を与えるのは良い事」
「SEXは悪い事」と教え込まれる。


18歳になったビリーは、おもちゃ屋さんで働きはじめる。

真面目な勤務態度を評価されたビリーは、
クリスマス・イブの日にサンタクロースの扮装を任される。

それが、ビリーの中に眠っていた悪夢を呼び起こし、

サンタの扮装をしたビリーに異変が起きる!

まるで別人のように豹変したビリーは、
かつて家族を襲ったサンタクロースの如く殺人鬼となって凶行に走る!

日ごろから好意を寄せていた女性店員と、
その上司のSEXを垣間見たビリーは二人を惨殺。

更に勢い余ってその場に居合わせた、他の店員も殺害してしまう。

そして、サンタクロースの扮装のまま町に飛び出したビリーは
「悪い子」を探して、凶行を繰り返す!!



本作は、80年代のホラー映画を代表する作品で、
後にシリーズが5作品も続く人気シリーズとなり、
90年代の『スクリーム』『ラスト・サマー』シリーズにも
影響を与えたと言われる伝説の作品です!
これを観れば、ひとりぼっちのクリスマスも大丈夫!
未見方は、ぜひご覧下さい。




nice!(53)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

わたしの人形は良い人形 [本]

山岸凉子先生の短編ホラー漫画をご紹介いたします。

「わたしの人形は良い人形」1986年の作品です。
永い封印を破り、少女の前に現れた市松人形の恐怖を、
親子三代に渡って描く、ホラー短編です。
「あの人形は死者とともに葬られなかった」
「そのまま君の家に残っている」
読んだら最後、忘れられないほど、話も絵も怖ろしく、
ラストまでぐいぐい引っ張られます。
怖いです。本棚においていたら呪われそうです。
パタパタと足音が聞こえませんか?
才能のある人は何を書いても一流である証拠。
未読の方は、是非お読み下さい。




タグ:山岸凉子
nice!(50)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

死霊館 [映画]

本日はホラー映画をご紹介いたします。

ストーリー
1971年、ロードアイランド州ハリスヴィル。
野中にポツンと建つ古びた一軒家に、
ロジャーとキャロリンのペロン夫妻と5人の娘たちが引っ越して来た。
一家は新しい生活に胸を躍らせるが、
翌朝から様々な異変が一家を襲い始める。
一家は超常現象家の夫婦に救いを求め、悪霊と対決することに…。

実話に基づき限界を超えた恐怖を描く衝撃作とのことです。
ですが、基本「悪魔の棲む家」と同じプロットです。
「悪魔の棲む家」と「ポルターガイスト」を足して
二で割ったような作品です。
前評判が良かっただけに、少々、拍子抜けかもしれません。
あまり怖くないので、ホラーに弱い人でも大丈夫。
お暇な人は、ぜひ、ご覧下さい。

死霊館 [DVD]

死霊館 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: DVD



nice!(46)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

風の谷のナウシカ [アニメ]

昭和の傑作セルアニメベストスリーを三日間連続でご紹介いたします。
もっとも、私の独断と偏見も混じってますがおゆるしを。
最終日の3日目は宮崎駿の「風の谷のナウシカ」です。

<ストーリー>

舞台は「火の7日間」といわれる最終戦争で、
現代文明が滅び去った1000年後の地球。
風の谷に暮らすナウシカは、「風の谷」に暮らしながら、
人々が忌み嫌う巨大な蟲・王蟲(オーム)とも心を通わせ、
有害な瘴気覆われ巨大な蟲たちの住む森「腐海」の謎を
解き明かそうとしていた。
そんなある日、「風の谷」に巨大な輸送機が墜落、
ほどなく西方のトルメキア王国の軍隊が侵攻してくる。
墜落した輸送機の積荷は、「火の7日間」で世界を
焼き尽くしたという最終兵器「巨神兵」であった。
そして、少女ナウシカの愛が奇跡を呼ぶ…。

今更、説明する必要はありませんね。宮崎駿の大傑作です。
公開当時、メディアミックスをねらってか、
ナウシカの主題歌を安田成美が歌っていましたが、
その音痴っぷりには衝撃を受けました。
本編に出てくる王蟲(オーム)の動きはCGかと思わせる程です。
未見方はいないと思うので、ジブリ映画コレクションから
漏らさぬよう注意してください。

昭和の傑作セルアニメシリーズは不定期で更新していくかもしれないので、
平成の皆様、どうか見捨てないでくださいませ


風の谷のナウシカ [DVD]

風の谷のナウシカ [DVD]




nice!(43)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

超時空要塞マクロス 愛おぼえてますか [アニメ]

昭和の傑作セルアニメベストスリーを三日間連続でご紹介いたします。
もっとも、私の独断と偏見も混じってますがおゆるしを。
本日2日目は「超時空要塞マクロス 愛おぼえてますか」です。

【内容】
西暦2009年、戦闘種族ゼントラーディと遭遇し、
戦闘に入った宇宙戦艦マクロスは今、地球への帰路にあった。

土星圏タイタン軌道上で敵の陽動作戦にあい、
その艦内に敵部隊の侵入を許してしまう。
一方、都市空間を擁する内部では、
まさにアイドル歌手リン・ミンメイのファーストコンサートが行われていた。

コンサート会場に出現した敵から逃げまどうミンメイ。

敵の巨大な手がミンメイを捕らえた瞬間、彼女の前に現れたのは、
戦闘機バルキリーのパイロット、一条 輝であった。



【スタッフ】
監督:石黒 昇/監督・脚本:河森正治/原作:スタジオぬえ
/キャラクターデザイン:美樹本晴彦/プロダクションデザイン:宮武一貴
/作画監督:美樹本晴彦・板野一郎・平野俊弘(現:平野俊貴)
/音楽:羽田健太郎/主題歌:「愛おぼえていますか」歌・飯島真理

この作品を観るたびに胸が熱くなります。
河森メカ、美樹本キャラ、板野サーカス。
私の青春時代の傑作アニメです。
リン・ミンメイと一条 輝、そして早瀬未沙の三角関係にモヤモヤ。
作画もコレでもかという程、描き込みがすごく圧倒的です。
未見の方は、是非ご覧下さい。




nice!(40)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

AKIRA [アニメ]

昭和の傑作セルアニメベストスリーを三日間連続でご紹介いたします。
もっとも、私の独断と偏見も混じってますがおゆるしを。
本日1日目は大友克弘の「AKIRA」です。

引用

壮絶な描き込みとリズミカルなコマ運びで世界的にも高名なマンガ作品の、
作者自らによるアニメ化である。
時代設定は未来で超能力者や巨大メカの戦闘というSFの王道でも、
東京オリンピックや安保闘争など日本の近代の方向性を左右した
昭和の事件が多数投影されている。
いつの時代も若者の持つエネルギーは、出口を求めて煮えたぎっている。
そんな力を持てあました鉄雄の無軌道な暴走を、
親友だった金田が止めに行く構造はまさしく青春映画
本作はそんな多彩な切り口も許してくれる1本だ。
不良グループの超伝導バイクによる乱闘騒ぎから、
人とパイプや電線が溶け合うサイバー世界までめくるめく華麗な映像が
ぎっしり詰まった2時間を楽しんで欲しい。
【アニメ評論家・氷川竜介】

だそうです。
自分的にはヌルヌル動くSFアクションで、鉄雄の赤マントが笑えます。
超人思想を体現した鉄雄に対し、親友の金田が
「金田さんだろうが!このデコ助が!」と絶叫するのはもはや伝説。
全く古さを感じさせない世界観は秀逸です。
未見の方は、ぜひ、ご覧下さい。

AKIRA 〈DTS sound edition〉 [DVD]

AKIRA 〈DTS sound edition〉 [DVD]



nice!(41)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

貞子VS伽倻子 [映画]

貞子VS伽倻子のDVDが、とうとう発売されましたね。
皆さんはもう買いましたか?
え?怖いから観ないって?
多分、大して怖くないと思いますよ。
B級映画のDVDに金を払い気はない?
これは愛すべきB級映画ですよ。
レンタルで観る?
まぁ、それも有りかもしれませんが、ここは一つ、
あなたのDVDコレクションに加えてみてはいかががでしょうか。
詳しい内容は下記のAmazonリンクでレビュー等をみて判断してください。
ツッコミどころ満載の映画です。ぜひ、ご覧下さい。




nice!(49)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。